足育の勉強からケンコーミサトっ子の草履を買ったときの話。

こんにちは、りょんまるです。

以前、足の健康について“足育”の勉強会をうけて靴選びの大切さを感じましたが、今回は靴というか気になる草履を発見したので購入してみました。(昨年のお話です)

それがこの“ケンコー ミサトっ子”です。

何それ?何なの?どーなの?

今回はこの草履の紹介と、娘が履いてみてどうなのか?ということとサイズ選びの参考として書いていきたいと思います。

ケンコーミサトっ子ってどんな草履?

成長期である子どもの靴選びの大切さを知っていますか?

まずは足育について勉強会で学んできた事を書いていますので、コチラをチェックしていただけると嬉しいです。

踵をしっかり覆う靴が、足裏の3つのアーチの形成につながると言われていましたが、草履は踵がないですね・・・(笑)

しかし、足裏の筋肉を鍛える事と、足指の変形を予防といった点に関しては同じだな~と思いました。

夏だし暑いし、変な?サンダルを履かせるよりも良いかなと思って買ってみることにしました。

土踏まずがない・足の指の変形・浮き指などなど、子どもたちの足の健康が問題視されています。

そこでこのミサトっ子の草履に引き付けられたポイント!

  1. 履いていくうちに自然に鼻緒をつかんで歩くようになり、足の指の力が身に着くこと
  2. 足の指の力で踏ん張ることで、足裏の筋肉が鍛えられるようになること

このように、足の健康を自然にサポートしてくれるのです。

足の指や足の裏が鍛えられることで、土踏まずができ運動能力が鍛えられますし、浮き指の防止にもつながります。

また草履は靴とは違い、足全体が締め付けられてストレスを感じることがないため、外反や内反といった足の変形の防止にもなります。

参考サイト:ケンコーミサトっ子のサイト

私の娘の足も土踏まずがあまり無く変な歩き方(変人なだけ?笑)も気になっていました。
(ちなみに、この草履を買ったときは三歳の夏ですが、4歳を過ぎてきて大きくなった足を見てみると、以前よりは土踏まずができていました。成長のあかしですね!)

何より足を鍛えて運動神経も良くなって欲しいですし・・・

購入したいな~とずいぶん前から悩んでいました。

で、どこで購入するの?ってなりますね。見かけたことないですよね?

どこで購入できるの?

私が初めて見かけたのは、宅配のコープの広告です。

なんだこれ?と気になったものの、食材以外利用したことがなく、割高な気がしていたので最初はスルーしていました。

そもそも靴って実際に履いて確かめたいので、戸惑いました。

実際に靴屋さんの店舗で見かけたことがないので、ネット販売のみの取り扱いなのでしょう。。

返品・交換に関しては、到着7日以内で未開封・未使用であれば可能ということです。

まずは電話連絡することを忘れずに。

その際の往復送料や手数料は購入者が負担(初期不良以外の場合)ということですので、、、購入の際はやはり慎重になりますね。

実物を見て履いて購入がいい理由は送料の点でも言えますよね。

そう、送料って結構痛かったりします。特にビンボ・・・主婦の私には。

ネコポス対応であれば全国一律250円(離島・一部地域は追加送料540円)

宅配便であれば全国一律540円、1配送先につき、合計5000円以上で送料無料(離島・一部地域は追加送料540円)

その他注意事項はよく確認してくださいね!

ちなみに私は結局送料がかからない(出産後1年間は無料配達してもらえる)のでコープで注文しました。

デザインによって値段が違いますが、公式ホームページでも楽天でもコープで見ても一律な値段でした。

どこで購入するかは、それぞれですかね☆

では、失敗したくない!靴のサイズです。

100%間違いない!とはいいきれませんが、購入を考えている場合の1つの参考にしてください。

サイズ選び

コープの広告には“足と草履のかかとがピッタリか0.5cmくらい草履から外へ出ている方が重心が前かがりとなり、足の指がよく使われます。

そのため、土踏まずの形成を促進するだけでなく歩容や姿勢がよくなることを目的としております”っといったことが書いてありましたが・・・

娘は足の甲が高く、幅も広めとアブノーマル(言い過ぎ?笑)な足をしているので口コミを見てみることにしました。

“1㎝小さめをお勧めされているけれど思ったよりも小さくて入らなかった”

“小さめと口コミで見たので靴と同じサイズを購入でちょうどよかった”

といった感じでした。

小さめの草履なのか~・・・小さいと履けないし、大は小を兼ねるとは言うけれど(+o+)

小さめの作り、甲が高いという事をふまえて、悩みに悩んで娘が履いている靴より1㎝大きめを買うことにしました!

コチラのサイトでは、

約3cm(つま先)、約1cm(鼻緒の部分)、足の指の付け根~かかとのサイズcmで、

3+1+付け根~かかと=草履のサイズ

ただし、甲高・幅広の足の場合には1サイズ上がいい場合もあります。

ということでした。

娘の靴のサイズが16cmだったので17cmの草履を買いましたが、このサイズの測り方を知ったのは、購入した約2か月後でした・・・

一応測ってみると、付け根からかかとまでが約13cmだったので、3+1+13=17・・・ジャストやないか~~~い!

一応甲高・幅広なんですけど、何とか履けてます。何とかね。

サイトによって違った参考サイズが書いて戸惑いますけど、靴のサイズと同じか1cm大きめ、または3+1+付け根~かかとのサイズ

この二つの方法を参考にしてみるといいかな~と思いました。

履く前の準備

まず、草履が届いて箱から取り出してみたときに感じたことは、

『何これ、硬っ!履けるのコレ・・・』

という感じで、不安しかありませんでした。

あまり説明を見ずに履かせてみると、入らないんだなやっぱ。。。

娘よ、どんだけ足の甲が高いのよ!と思ったくらいです。

まじ?まじ?入らないとか、やっちゃった!?と心の中で後悔しまくりのりょんまるですよ。

そこで、草履と一緒に入っていた紙をよく見ると説明書きがありました。

きつく感じる時は、

履く前に草履の前部と後部を持って、表側(鼻緒の側)に数回強く曲げてください。
鼻緒の左右をつかみ広げ、鼻緒をふっくらさせてください。

なるほどなるほど。

その通りに曲げたり広げると、若干指が入るようになっていました。

スマートな足だとすんなりと履けるのかもしれませんが、きつくて入らないな~という時は焦らずならしてみるといいかもしれませんよ♪

実際に履いている娘の様子は?

始めて履くときは、きつくて『あっ、履けない!履けない!!』といってヒスっていました。

歩き方もガニ股?のように歩きにくそうに歩いていたので、ますますこれはやっちゃったかな~と後悔していました。

が、イチゴ柄の鼻緒の草履が嬉しかったのか、何度か頑張ってはいてくれました。

すると3回目4回目に履くころには自分で履いて、走ったりもできるようになっていました!よかったです~

▼履きなれた頃の足元の様子です(たくさん蚊に刺されちゃってます・・・)

かかとが少しでていて(メーカー推奨)ピッタリな感じです。

特に鼻緒部分が痛いという事もありません。

さぁ娘よ!
しっかりと大地を踏みしめて駆け回っておくれやす!

・・・1年後の今年の夏
昨年履いていたミサトっ子を出していたら『これ履きたい!』というので、きついんじゃないかな?と思いながらも『履けるなら履いてみ。』

踵は昨年よりも少し出ていたけど、何の問題もなく履いて走り回っていました♪♪

こりゃ~、娘よりも幅広甲高の足の大きな2歳児息子も、来年の夏に買って足を鍛え上げてやんなきゃな~っという感じです。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA